お金は自分の分身である、この考えが金銭感覚を磨く

お金は自分の分身である、この考えが金銭感覚を磨く

お金は自分の分身である、この考えが金銭感覚を磨く

お金を軽んじることは、自分自身を軽んじることである

賢い消費生活を過ごすためには、智慧とお金にたいする考え方が左右する

使うべきところの考えは 「使ったお金がプラスになってもどってくるかどうか」である

お金の使い方には訓練が必要である

金銭感覚は、日々磨いていくものである