今度の政権選択選挙、首相は公明党の山口那津男氏が良い

今度の政権選択選挙、首相は公明党の山口那津男氏が良い

山口 那津男(やまぐち なつお、1952年7月12日 – )

希望の党は、寄せ集めで短期に瓦解してしまう
政治不安定は、中国、ロシア、アメリカを利してしまい、周辺の島々、特に尖閣が危ない状況になる

山口氏が良い理由

①世界にコネクションがあり、非常に見識がある、弁護士出身である

日本の安全保障に欠かせない人材であり、中国、ロシア、アメリカに友人が多い

②世界一、人権団体の創価学会の出身であり、業界、組織にしがらみがない
庶民の痛みがわかる
創価学会は世界190ケ国以上に会員がいる

③公明党は道州制を導入するにはもっとも良い党である
ネットワーク政党であり
地方議員3000名以上を要している
道州制には地方議会の解体、合併が欠かせない
議会の賛同が必要になる

中国の発展の基礎を開いたのは創価学会だといっても過言ではない
周恩来首相と池田大作氏の会談が、条約締結の道を開いた

中国、ロシア、アメリカとの融和には公明党の力が絶対に必要である

また、アメリカ創価大学は多くの世界の人材を輩出されつつある

 

政教分離の話を出す人がいるが、これは法律を全く知らない人の言うことである