都議会自民党が敗れた5つの理由

都議会自民党が敗れた5つの理由

①長い間の第一党であったおごり

組織力の低下

町会組織を集票にしていたものが通用しなくなった

町会加入者の低下

 

②創価学会公明党との別れ

創価学会組織は各区に2万~3万の組織票があると言われる

公明党が擁立していないところはすべて都民ファーストに投票された

 

③若者、青年層の自民党離れ

Facebook、Twitter、SNS等で広報が拡散できる、これに対応できない層がいる

 

④国会議員たちのぶざまな言動、ふるまい

 

⑤自民党都議会議員の見識、能力の低下

 

庶民を甘く見るとしっぺがえしは大きい

都議会議員は中二階といわれるポジションといわれ、切磋琢磨の

力が失われていた

 

努力しない、勉強しない、庶民感覚のない議員が落選するのは非常によい

正常な代議員制である

 

元自民党都議会議員は犯人探しをすることなく、次のステップに向けて頑張れば良い