人間の心は縁にふれて、一日に8億4千回も変化する

人間の心は縁にふれて、一日に8億4千回も変化する

通勤途中に込み合った電車でいやな客と出会えば、”この野郎”と

怒りがでるかもしれない

 

込み合った電車でも、きれいな女性の笑顔にふれれば、天国の面持ちかもしれない

 

秒速で心象は変わっていく

だから基底部が大事になる

 

どんな表層が風雨であろうと岩盤がしっかりしていれば、侵食されることはない

 

この岩盤こそ、終生求める哲学であり、宗教である

生涯をかけて実践する価値創造である

 

日々、ふりかえるのはその基底部であり、原点である