誰もが自身の死と対峙しなければならない、厳しい、峻厳な時である

誰もが自身の死と対峙しなければならない、厳しい、峻厳な時である

誰もが訪れる死

どのような姿で向かうのか

その峻厳の場は

どう生きたかで表現されるに違いない

 

財をはぎ取られ、地位を奪われ、友とも別れ、家族とも離れ

丸裸の自分に一体何が残るのか

 

人間としての価値が問われるのである

 

仏法では死を「涅槃への方便悟りへの方便」ととらえ、生命は永遠に続いていくと考える

 

死は因果の理法が適用され、臨終の姿が見えてくる