人は、生きる意味を知るためにあえて宿命を背負う

人は、生きる意味を知るためにあえて宿命を背負う

生きる意味を知るためにあえて宿命を・業(ごう)背負って人は生まれてくる

仏法用語に
願兼於業(がんけんおごう)がある

病気で苦しんだら
病気で生きる大切な道を知る

貧乏で苦しんだら
経済で生きる道をしる

子育てで悩んだら
子供で生きる道をしる

人は生きる長さではなく、どう生きたかである

どう行動したかである