世の中というのは、因、縁、果(いん、えん、か)の原理で動く

世の中というのは、因、縁、果(いん、えん、か)の原理で動く

世の中というのは、因、縁、果(いん、えん、か)の原理で動くが

良い原因があり、良い縁があり、良い結果が生まれる

出来の悪い人間でも、よい先生に出会うことで、りっぱな人間になる場合がある

りっぱなお嬢さんに育てられても、悪い男と出会えば、悪くなってしまう

縁するものによって変化するのである

縁には良縁と悪縁がある、本にも良書と悪書がある

世には、善知識と悪知識がある

ただ本を読んだだけでは、人格が作れないように、縁を見抜くことはできない

しかし、どんな苦難を、ものともしない自分という、強い自己の因を、強い人格をつくって行けば

どんな縁がきても、惑わされることはない

そのためには哲学であり、強き誓いである