人は、死の準備をしてはじめて生きる事を知る

人は、死の準備をしてはじめて生きる事を知る

日常の一日は、死の準備である

死は、誰もが訪れる刻である

朝には、生かされていることに感謝し

夕には、感謝しつつ明日の準備をする

 

朝は生、夕は死、一日一生でである

 

床につくときが明日の生を決定づける

今日という日が二度と来ない大切な日であることが

気がつく

 

日々の生活の中、死への準備を怠ってはならない