自分ブランドをつくれ、最高の生き甲斐になる

自分ブランドをつくれ、最高の生き甲斐になる

苦労して自分ブランドをつくれ

競争とセーフネットと自分ブランド

知価競争時代である、付加価値をどうつくれるか

 

オリンピックでもものさし、タイムウオッチがあるから記録がでる

競争がなければ、いいものはできない

 

しかしついていけないひとも出てくる、それは社会保障でまもるしかない

そして競争のなかで自分ブランド、会社ブランド、地域ブランドをつくる

 

辛労をつくしてこそ、悩んでこそ、物事の本質がわかってくる

大切なものが見えてくる競争でなければならない

 

Competition and safe net and oneself brand

How can you make the added value that is intellect value days of competition?

Because there are a ruler, a thyme watch by the Olympics, a record is given

Without competition, the good thing is not made

However, I cannot but protect it which the person who cannot arrive comes out to by social security

And I make a oneself brand, a company brand, a local brand in competition

If I am troubled if I make hardships, I understand the essence of things

It must be competition seeing an important thing