服装のみだれはこころの乱れ、隙(すき)を作るな

服装のみだれはこころの乱れ、隙(すき)を作るな

警察官、自衛隊、警備員等 なぜ服装に厳しいのか

服装が犯罪の抑止力になるのである、見せる警戒、警備である

 

身なりをしっかりするということが結局は自分を守ることになる

仕事ができる人は、服がきれいである、身なりがしっかりしている

 

料理人をみればよくわかる

服装によって身をただす

こぎれいなさっぱり感は人に気持ち良さを与える

 

服装は自分のためだけではない相手のために着るのである