お金に使われないようにするには

お金に使われないようにするには

自身の対価交換基準をもつことである

自分の物を買うときの自身の交換基準をもつこと、例)一万円と十時間労働

お金をだして物を買うとき、労働時間とつりが合うのかが大事となる

判断基準である

一万円のものを買うとき、自身の労働時間の給料が10時間で一万であれば

つりあうのか、それともそれ以上に価値があるのか

ないのか 判断する

お金の判断基準をもっていないと人生を楽しめない

お金に使われることになる

 

So that it prevents you from being spent it for money

It is to have a value exchange standard of oneself

Having an exchange standard of oneself when I buy one’s thing, example) 10,000 yen and ten hours labor

When I take out money and buy a thing, it becomes important whether working hours and fishing match

It is a criterion

If when I buy a thing of 10,000 yen, the salary of working hours of oneself is 10,000 in ten hours

Because I match, is there value further?

I determine whether there is not it

I cannot enjoy the life when I do not have a criterion of the money

It will be spent for money