死はまた生まれてくるための準備、お休みである

死はまた生まれてくるための準備、お休みである
死をおそれることなかれ
また生まれてくるための休憩時間である
一日の生活の中で睡眠が必要なように
死もまた次の生のためには睡眠が必要なのである
どんな生き方をするかが
死の状態を決定するのである
恐れることは何もない