死は生の一部である

死は生の一部である
生死不二(しょうじふに)である
一日のうちに睡眠があるように
睡眠で体を休めるように
死で休めるのである
縁があればまた生まれてくる
恐れることは何もない
死は生の一部であるから