クレームをどうとらえるか

知識不足、努力不足、足りないものがあるからクレームがある
お客様が不満足だからである、全力で解決にあたらなければならない
必ずつぎの満足度をあげるため、クレームをなくすため努力しなければならない
商品はお互いがWIN WINの関係になるために存在する
信頼・信用がすべてである、クレームはどんなことがあってもなくしていかなければならない