子供をしかる時

幼年期は、善悪の判断がつかないので、親がしっかりと、具体的に
悪いことをしたらしからなければならない、そこで甘やかすと善悪にたいして
いいかげんな成人になる
しかし親の感情でしかってはいけない
どんなにときもりっぱな大人(おとな)として接してあげることである