人は生きたように死んでいく

死は厳粛なものである
生きた姿、日頃考えていた事、念じていた事が走馬灯のように駆け巡るだろう
こころして臨終を迎えなければならない