特攻隊員の心

太平洋戦争末期、米軍は恐れた
普通生きる、生き延びるために戦う、生きるために敵をやっける、戦争をやる
しかし特攻隊員は、いきるために敵の艦隊に体当たりしていった
教育のせいである
戦争で軍部をはじめ、時の年寄り連中のために、多くの若者が犠牲になった
現在もそういうところがある
若者の希望をつくりだしてほしい
安心する国家を作り出せ、それが特攻隊員の心である