ストレスが多いが

どの分野でも、一生懸命やろうとすると
ストレスを感じるものである
生きるということはそのストレスとの戦いかもしれない
だからこそ哲学が必要となる