大工と話すときは大工の言葉を使え ソクラテスの言葉である

大工と話すときは大工の言葉を使え ソクラテスの言葉である

大工と話すときは大工の言葉を使え ソクラテスの言葉である

コミュニケーションは相手を理解しようとする姿勢

でなければ成立しない

 

コミュニケーションは発信機より受信機の方が大事な場合が多い

相手がどう受け止めるかを熟考しなければならない

人の気持ちを敏感にとらえる力をもつ

 

前向きに話す

 

言葉ほど大切なものはない

 

 

 

It is in the words of Socrates to use the words of the carpenter when talking to carpenter

 

Attitude communication is to try to understand the other party

Unless it is not satisfied

 

Communication is often important is more of a receiver than transmitter

 

The other party must be pondering how catch

 

It has the power to capture the feelings of people sensitive

 

I speak positively

 

Nothing is important as words