子供が小さい時は必ず教えなければならないことがある

子供が小さい時は必ず教えなければならないことがある
生きていく時にどこに危険があり、このような時はどのように身を守っていくか
自分の身は自分で守るための力
二番目は社会のルールである
電車の中では騒がない、スーパーでは走り回らない
基本的な社会ルールである
第三にはたくさんの人にあわせ、社会性を身につけさせる
よく子供のことを餓鬼(がき)というがこれは仏教からきている
かってきままに、自分本位に行動するすがたである
自分のおもうままにならないと怒り出す
餓鬼界のときは慈悲をもって叱ってくれる人がいないと成長できない
When a child is small, I may have to teach it by all means
When you live, I am in danger wherever and how do protect the body when I am like this?
Power one’s body is oneself, and to protect it
The second is a social rule
I do not run around in the supermarket which does not make noise in the train
It is basic society rule
Third I let many people wear laying upon, social nature
Children are called a kid (come) well, but this comes from Buddhism
It is a selfish figure acting selfishly at will
I begin to be angry when it does not become as oneself thinks
When there is not a person scolding with mercy at the age of kid world, I cannot grow up