死んで顔を見られるほどイヤなことはない

別れも
出会いも
自然の姿である
ありのままの姿で死を受け入れていけばいい
身内以外から顔を見られるのはイヤである