生と死は一対のものである。不二である

どんな人もいつかは死を迎える
よい事をする。よい行動をすることである
よい行動をしていれば、安心した死を迎えられる
人の幸せのために一生懸命、行動することである
そうすれば死が不安ではなくなる
どのような姿で死んでも、歓喜なのである