現在は信用創造の世界である、信用がなければ物事は成り立たない

現在は信用創造の世界である、信用がなければ物事は成り立たない
業務委託で10日に入るべきお金が入金されていない
通帳記帳してはじめてわかった、親会社からは支払われているお金を
入金していないのである、どこかの過程にミスが発生しているのである
仕事をして、お金がもらえない事ほどショックなことはない
従業員であれば、労動基準法で守られる、基準局に訴えればよい
しかし業務委託の場合、会社対会社商法での契約となる
そのために契約書にその旨が書かれていなければならない
そのために支払いサイトを延ばされたり、強くいえない関係になる
しかし信用がすべてである
人は、企業は信用を勝ち取るために日々一生懸命に働いているのである
Things do not consist without the trust that is the world of the trust creation now
It is not received money the money that should come by duties trust on 10th
The money that is paid from the parent company which I understood only after I register a bankbook
A mistake occurs in some process that does not receive money
It is not a shock as I work, and not getting money
If it is an employee, you should appeal to the standard station followed by the trouble motion standard method
However, in the case of duties trust, it becomes the contract by the company vs. the company commercial law
Therefore so must be written in the contract
Therefore is extended the payment site, and cannot strongly say; is related
However, trust is all
The person commits the company hard every day to gain trust