縄文時代は1000年間 争うことがなかった

縄文時代は1000年間 争うことがなかった

縄文時代は1000年間 争うことがなかった

自然との共生、自然とともに生きていく

生命への畏敬の念が強かったと思われる

縄文人が実践できた平和の思想、世界が最も必要とする教えである

生命尊厳の思想こそが最も長期的な希望となる

 

I did not fight for 1,000 years in Jomon period

I live with symbiosis, nature with nature

It is thought that a feeling of awe to life was strong

It is the teaching that thought, the world of the peace that Jomon people were able to practice need most

Thought of the life dignity becomes the longest-term hope