君よ!死を歓喜で迎えられるか!!!

君よ!死を歓喜で迎えられるか!!!

ガンジーは、死は救済であると説いた

そういう部分もあるかもしれないが

死の淵を歓喜で迎えられるかという自身の命の状態を問われると思う

それが最も峻厳な瞬間である

”臨終をなろうて他事を習うべき”と言ったのはその瞬間に備えよという事である

一番いいのは死んでみる事であるが

死は試すことはできない

一回きりの勝負である

死を歓喜で迎えるための生である