イエス・キリストが教義を広めたのは期間は、わずか3年である

イエス・キリストが教義を広めたのは期間は、わずか3年である

弟子は12人、限られた土地での布教であった

なぜキリスト教は大きな宗教になったのか、これは弟子たちの”異体同心(いたいどうしん)にあった

 

自分たちは何のために生き、何に尽くして死んで行くのか

その目的感が明確であったからである

 

インターネットの普及によって誰もが簡単に情報に触れる

目的感を間違えれば、大きな不幸が訪れる時代でもある