老いは人生総仕上げの上り坂である

老いは人生総仕上げの上り坂である

老いは、死に至るまでの衰えの時間ではない

人生の完成を目指しての総仕上げの上り坂である

 

老いも、病いも、死も、生命を荘厳する宝にかわっていく

 

歳を重ねて、生命の質を高めていく

加齢しても、自分は残りの人生で何ができるのか

何で貢献するのか

真剣に道を求めていく

 

死の瞬間まで、完成に向けて上り続ける、戦い続ける

これが老いゆく人生である