知恩をもて最とし、恩を報ずることを第一とする

知恩をもて最とし、恩を報ずることを第一とする

知恩をもて最とし、恩を報ずることを第一とする(ちおんをもてさいとしほうおんをもてさきとす)

恩を知ることを最高とし、恩を報じることを第一とする

父母の恩、一切衆生の恩、師匠の恩、社会の恩

りっぱな人は恩を忘れることなく、社会に貢献しようとする

他者を思いやる「利他の精神」の発揚こそ

国家、社会の礎となり、自身の幸せのカギとなる