人間は対話や言葉の中でのみ人間となっていく

人間は対話や言葉の中でのみ人間となっていく

ただ飯をくって、糞をして、人となるのではない

 

幼児期にいっぱいの愛情をうける

話しかけていく

コミュニケーション能力は、小さい時につくられていく

 

一家和楽(いっかわらく)が大事である

対話の習慣が感動をつくっていく

 

対話がなくなると生命は餓鬼界(がきかい)に戻っていく

餓鬼界とは本能のまま、欲望のまま生きる世界をいう

 

 

 

Humans will become human only in dialogue and words

Just eating the rice, and the feces, and does not become a human

Receive the full of affection in early childhood

Go talk

Communication skills, will be made when small

Family Waraku (including monohydric Waraku) is important

Going habits of dialogue to create excitement

Life and dialogue is no longer go back to the hungry ghost world (Kai brat)

Instinct and a hungry demon world, refers to the world to live remains of desire