悩みを生きる力に転換するこれが教育である

悩みを生きる力に転換するこれが教育である

悩みや苦しみを生きる智慧に転換する力が求められる

 

ゲーテは言う

「不運は人をつくり、自己を知らしめる

苦労は心に、倍の努力と力を与える、自身の痛みは他者の痛みを

分かつことを教える 」

何があっても最後まで生ききる、そのちからこそ大切である

 

子育ても、“自立させること、ひとりで生きていく力を授けてあげる”

 

幸せの構図を教えてあげる、それが目的である

具体的に乗り越える幸せを教えてあげるこれが大事である

 

665

腹話術の先生 斉藤さんに作成してもらう