人生設計には「理想を定める」「未来を予測する」「手段を設定する」「手段を検証する」,というカテゴリがある

人生設計には「理想を定める」「未来を予測する」「手段を設定する」「手段を検証する」,というカテゴリがある

六十年生きてきたなら六十年の人生の高さになっているはずである

見晴らしもよくなっているはず、もう一度商売を考えてみた

 

商材をどう考えていくか

 

①誰に対して

 

②どんな価値を

 

③どのように

 

④いくらで提供できるか

 

⑤どこから、どんな方法でお金を集金するか

 

年齢を重ねれば、楽しみが増えていくという姿でなければならない

人生は、何があっても前向きに考えれば楽しいものである