生まれては死に、死んではまた生まれてくる

生まれては死に
死んではまた生まれてくる
生命はうまれる環境があれば
生死(しょうじ)を繰り返していく
死は恐れるにあらず
本当に恐れるのは生きている時である
どういう生き方をしたかである