日々新たに工夫を

マンネリを廃し、基本を大事にする
北原白秋は
一石に一石を重ね
日夜に日夜を重ね
始終謙抑と修練に努めて
はじめて詩歌の建築もなるであろう
言った