死んで顔を見られるほどイヤなことはない

別れも 出会いも 自然の姿である ありのままの姿で死を受け入れていけばいい 身内…

愛する動物とも、人とも別れはくる

愛する動物とも、愛する人とも別れはくる 愛別離苦という 死という別れがあって 人…

どのような死に方、どんなに短くても

どのような死に方をしても どんなに短命でも そのことは重要ではない 人は死を選べ…

臨終は人生の総決算である

臨終は人生の総決算である 何が大切であったか 何を大切に生きてきたか 死ぬ姿を選…

生死感が確立しない一生はむなしい

仏の教えに、” 臨終のことをなろうて、多事(たじ)をなろうべし ”という教えがあ…

生と死は一対のものである。不二である

どんな人もいつかは死を迎える よい事をする。よい行動をすることである よい行動を…

町会の人の葬式に出席して

85歳で眠るようになくなったとのこと 離婚し、男がやる仕事もこなし、2人のお子さ…

人は生きたように死んでいく

死は厳粛なものである 生きた姿、日頃考えていた事、念じていた事が走馬灯のように駆…

宇宙にとけこむのか

肉体は、なくなるが、大宇宙の生命へ溶け込む。大慈悲の生命(いのち)をもてば 死も…

友人の死

免許を取得し、セスナ機を購入した。いつか君をのせてあげるよ、 セスナは着陸が一番…